実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっています。
なので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

22.12.07

Wat Phut Udom / Pathumthani

ここバンコクの上隣の県、パトゥムタニにあるワットプートウドム(วัดพืชอุดม)は、地獄寺マニア(なんているのか?)の間では知る人ぞ知るスポットです。
バンコクから車を走らせること1時間…幹線道路(といっても周りは畑ばっか)から少し入ったところにあります。
境内に入るといきなりヘリコプターがお出迎え…寺と関係あるのか??勿論搭乗可能。



そばにはこんなものが。中で休憩も出来ます。



ちなみにかにの中から…
よく見ると内部にもいろんな絵が…結構凝っていますね。



ってな感じでこの辺りは地獄には見えないのですが…本堂に近づくとこんな感じ。
手前のでっかいの、コイン入れる場所がついているんで、投入しましたが反応なし…壊れているようです。



ほら、ワットプートウドムって書いてある(タイ語で)。



本堂の周りを一周してみると…亡者?が犬やハゲタカに啄ばまれている!(個人的にはこの亡者カッコイイ!!)



側では地面から人生えてきています…



????どこかの忍者亀に似ていますが…はて?


なぜか横には芋虫が…
まったく何の意味があるのかさっぱり…



本堂の横に不気味に開いている入り”口”。
センスはともかく、ここで入らねば男がすたる!ってことで進軍。



…やっぱり~~(期待通り)目の前には地獄ワールドが広がっています。
ここのは血の出方がすごいです。



これは”ごった煮”…写真はこんなんですが、なんせ地下で真っ暗なんで不気味な事この上ないです。



この”腹芸人間”もやっぱり血まみれ…


ああ…ついにお坊様も毒牙にかってしまったようです…
それとも、なんちゃって坊主がばれた?


うわ~っ!
血の出方がだいぶヤヴァイです。


中睦ましい夫婦も一皮向けば…の図でしょうか?



このコミカル?な骸骨(だけでなくほかの大抵の物もですが)、やっぱりコイン投入で動きます。


つ~ことで、ここ出口みたいですが…
やつは何でしょうか??



ちなみに本堂入り口の脇に(本当に)隠れるように急で細い階段があります。
(いや、親切なおばあちゃんに教えてもらわなかったら本当に分からなかった…)
こ~んな急な階段を何層も登ると…


ああ…ようやく天国に到着しました。



ちなみに天国にあった階段…(手前は私の足です)このサイズでどうやって使えって言うんだろう…



Jul./'06
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
いや、場所もバンコクに近いし(でもちょっと時間かかるけど)、地獄の規模もそれなりに大きくてお奨めです。
ただ、バンコク近郊は地獄寺密集地帯ですからね~
しかし、こんなに天国の少ない地獄寺は珍しいですね…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 57'24.84" N
100°53'13.46" E


View 変スポ in a larger map

2 件のコメント:

Cougue さんのコメント...

マレーンポー様はワットプートウドムに対しての評価はあまり高くない様ですが、私はワットパーラックローイに次いで世界2番目の珍寺だと思います。
規模はさほど大きくありませんが、あの電動ギミックは素晴らしすぎます。
あと地獄巡りは世界一だといわれる台湾の「麻豆代天府」に匹敵するほどでした。
特に骸骨自転車と美女のなる木はかなりのインパクトでしたよ。

マレーンポー さんのコメント...

Cougue様
実は、この記事の訪問は、私が地獄めぐりをし始めたころで、その辺りの按配を知らなかったんですよ。
(たしかこの頃行った事のあったのがワットパイロンウア(With巨大涅槃仏)と、ワットセーンスックぐらいで、この時に、こことワットムアンに行った…ぐらいの頃だったので、ちと評価が低いのかもしれません)
でも、3年ほど前に再訪して、改めて堪能して来た写真もありますので、そのうちUPしますよ。