マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

30.11.07

Nam Tok Sarika / Nakhon Nayok

ここナコンナヨックでも指折りの有名な滝(らしい)、サリカ滝( น้ำตกสาริกา )。
駐車場からそこにいたるまでには、川がながれ、そこはタイ人のうってつけの水遊び場になっています。



しかし、滝にたどり着くには、起伏の激しい山道を数百m歩くとやっとたどり着けます。
つ~か、こんな階段ばっか…死にそう。


やっと滝の近くに来た証拠の”看板”。



何組かタイ人も来ていて、彼らは水遊びをしています…まあ寒くないからいいけど…


水の中には、魚がいっぱい。
見た目の雰囲気だけですと鱒科の魚もいそうなんですがそこはタイ。
やっぱりこんなところでも鯉科の魚のようです。


せっかくなんで滝壷の側まで行ってみます。
奥の方に滝も見えます。
一応タイで一番長い滝らしいです。(大きいでも高いでもない)


滝に近づくと…こんな感じで岩が多くなってきます。


メインの滝はこんな感じ。
一応雨季なんですが…乾季だとどの程度なんでしょう…



まだまだ上に続く階段がありますが…もうダメポ…


ちなみにこの辺りは、タイ人の水遊び場として大人気のようで、こんな売店とかもあったりします。



Oct./'07
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
たしかにナコンナヨックでは有数の名所らしいのですが、別に面白いところもないし、滝の規模も日本人にとってはたいしたことないし…
無理する必要はないですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

特定不能…


View 変スポ in a larger map

Tha Dan Dam / Nakhon Nayok

この、カオヤイ国立公園のギリギリ外にあるタダンダムは、比較的最近作られた、RCC方式のダムとしては世界最大規模(堤体高90m・堤長2.8km)のダムです。
…いや、私が詳しいのではなくって、ネットで”タダンダム”って検索するだけで日本語の、その筋(建設業界系)のHPがいくつも引っかかります…タイのダムなのに…
ああ、ダムが見えてきました。


タイ人にはちょっとした観光地なんでしょうか…
駐車場にはちらほらと車が停まっています。


ダムはこんな感じ。
雨季の最後ってこともあり、水量は十分です。



放水の方も大迫力!
ダムより下流は、周りに山が残っているものの、ほぼ平地です。



じゃ、ダムの上は?というと、もう山だらけ…すぐそこはカオヤイ国立公園です。
つまり、本当はもっと山側に作りたかったんですが、国立公園には作れない。
ってことで仕方ないので国立公園の外ギリギリのところに作らざるを得なかった…そんなダムらしいですね。



国立公園の近くだからでしょうか…
虫とかも結構いっぱいい集まってくるようですね。



おまけ。
道端にあったゴミ箱…だと思う。


Oct./'07
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
もともとナコンナヨックには自然以外何もないんですが、それでもここは雨季に行った事もあり?水量も豊富で思ったよりも良かったですね。
ダムマニアにはたまらないRCC工法では世界最大級のダムらしいですし。
あとこの独特の地形は日本ではないでしょう…多分。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 18'25.24" N
101°19'14.10" E


View 変スポ in a larger map

Wat Phrammani / Nakhon Nayok

このナコンナヨック県にある、このワットプラムマニ(วัดพราหมณี)。
別にどの観光ガイドにも載っていない、ごくありきたりのお寺です。
でも、ごく一部の日本人にだけは有名らしいです。
(私もそのHPで知りました)
どうもここは”旧大日本帝國陸軍第37師團”に関係のあるお寺のようです。
早速境内…どころか、駐車場にそれはありました。
このサイズの写真だと分かりにくいですが、天井が微妙に日の丸しています。



お堂には、仏陀を隠すように、”第三十七師團慰霊碑”が建っています。



その横には、ここに慰霊碑を建てた由来が書かれています。
(詳しくは下の写真を見てください)



まあ、慰霊碑自体は第三十七師團創設50周年記念として、19年ほど前に作られた物らしいですね。
で、肝心のお寺はというと、いたって普通で特に見るべきところはないようです…
境内はどちらかというと地元の人の生活の場といった感じで、市場で埋め尽くされています。


微妙な動物のコンクリ像はそこら中にありますが…よく見ると鹿が並んでる…



川がすぐそこに流れているので、お魚タンブーンも盛んなようですね。



こっちは微妙なサイズの象さん。
90/100ぐらいのサイズですかね?



Oct./'07
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
お寺としてははっきり言って”行く価値なし”でしょう。
でも、旧帝國軍を懐かしみ、歴史を知る意味では行ってもいいかな?
そんなところです。
ただ、ナコンナヨック自体に見所が殆どないので、これだけのために行くことになる可能性大です。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
14° 14'07.00" N
101°14'45.03" E


View 変スポ in a larger map

Wat Fang Min / Chiang Rai

先のハンディクラフツセンターの近くの信号(市街北の河と、空港前の信号の間には信号1、2個しかないはず)のところに、妙な門が建っています。
何かお寺っぽく無くないですか?
いちおうワットファンミン(วัดฝั่งหมิ่น)という名前のようですね。



この門をくぐり、参道を真っ直ぐ進むものの、それらしき物は見当たりません。
道を引き返しつつ、左右をよく確認すると、途中を曲がったあたりにそれらしき物が見えます。



境内には近所のオジサンとヒマそうなお坊さんしか見当たりません。
それもそのはず、だってここ観光地でも何でもありませんから…
(DTAC…あなたのためのガイドっていう、微妙なスポットにもよく立っている、多分タイ観光庁製の看板もないです)
本堂はこんな感じ…なぜかバナナの葉っぱ??で飾られています。



ナーガは何故かとぐろ巻いています。



でも、本堂のなかはいたって普通の感じで、仏陀も特に変なところはありません(あたりまえ)。
しかし、その隣りのお堂は違っています。



もちろん、普通の仏像も安置されているんですが…
見て下さい。仏陀の頭部だけ…と片手のひらのみが大事そうに祭られています…なんで??
直さないのか?



境内の奥には…



こっちもなんでしょう…首の無い仏陀??(手の形が変なんで断定不可)。
とりあえず最初からこのような造形のようです。



まあ、なんとも変わったお寺ですね。

Nov./'07
評価(むづかしいですね)
一般人:☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
仏像マニア:★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
お寺としては…もともと観光客も参拝客もいないようなところなんで…
でも、あの首と手のひらだけ仏陀と、首なし仏陀…
仏像マニアなら十分に★1つ2つ増やしてもいいでしょう。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 55'34.39" N
99° 51'05.22" E


View 変スポ in a larger map

HANDICRAFTS CENTER / Chiang Rai

チェンライ市街地から1号線を北上、河を渡り、チェンライ空港に行く途中、右手に見えるのがハンディクラフツセンター(カタカナにすると読みにくいね)です。
文字通り、観光地と言うより手作り品のお土産屋さんですね、ただの。
とにかく写真の巨大キセルのインパクトが決め手ですね。



中にはたしかに色々なタイの手作り民芸品が広い店内に所狭しと並べてあります。
でも他に客はいなくて、私が店内に入ってから急に電気をつける有様…
ベンジャロンとかも置いてありますが、メチャクチャ手作り感満点。
なんでもこの敷地内(すぐ横)で作っているとのこと。
ちなみに建物もそれっぽくていい感じです。
下の写真は併設の喫茶店(だと思う)ですがこんな雰囲気。



Nov./'07
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
まあ、同じようにキセルが気になる人は行ってもいいですね。
微妙なスポットです…ただのお土産屋だから。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 56'13.00" N
99° 50'44.24" E


View 変スポ in a larger map

Wat Phra Sing / Chiang Rai

ここワットプラシン(วัดพระสิงห์)は、先のワットプラケオから歩いて数分に位置するお隣さん。
バイクだとたったの1分で着きます。
第一印象は…”何?ここ…”って感じです。
いまいちすごさを感じさせない、ぱっと見普通なお寺です。
中の御本尊もいまいちさえない感じです…小さいですしね。



でも、本堂はよ~~~っく見ると、結構装飾が込んでいて綺麗かもしれません。



一番気に入った?のは表門(実は私裏門から入ったっぽいです)。
白くて手の込んだ装飾で…ワットロンクンを見た後だからかな?



Nov./'07
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
う~ん、もともとチェンライ市街にはコレと言うスポットないんですけど…
(HISバンコクのツアーなんか、チェンライツアーでチェンライ中心にあるホテルに泊まるってのに、市街地観光ツアーないし)
ムリに行く必要のあるところではないですね。
近所にある寺に毛が生えた感じ(私の所感ではね)。
ただ場所は超~街の中心で、先のワットプラケオのすぐ側なんで、それだけが評価ポイントですかね?
まあ、装飾は結構凝っていましたが…

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 54'41.15" N
99° 49'50.41" E


View 変スポ in a larger map

28.11.07

Wat Phra Kew / Chiang Rai

ワットプラケオ(วัดพระแก้ว)…バンコクにある有名な王宮寺院と同名の、チェンライにあるこの寺院は、チェンライ市街の真ん中、中央市場まで歩いて5分ほどでいけるぐらいのところにあります。
でも、観光客はあまりいなく、見た目もあまり派手ではないようです。
境内に入ると、急に緑が広がり、その中にいくつかの建物が点在している…とそんな雰囲気です。
入って正面には本堂が建っています。
赤と金を基調としたタイらしい色使いですが、不思議と王宮寺院等みたいな派手さを感じさせません。



本堂の中も、赤と金で統一されていて、他の寺のそれに比べ洗練されたイメージがあります。



境内は本当に緑が多く、しかもそれが整備されているようで、見た目は全く違いますが、なんとなく日本の寺を思い出させます。



この先に進み、仏塔を過ぎたあたりに、小さいお堂が建っています。



このお堂の中には、バンコクのワットプラケオにあるワットプラケオにあるエメラルド仏とほぼ同サイズのそれが安置されています。
これは、これは1990年、現プミポン国王の御母生誕90年の記念として作られたもので、カナダ産の翡翠を使って作られた、れっきとした本物らしいです。



しかもバンコクのそれは撮影禁止で、遠くから豆粒見たいなのを眺めるだけでしたが、こちらはそんな事はないようで、すぐ側…頑張れば触れそうには近寄ることができます。



もちろんサイドからも見れちゃいます。



この寺の中には、博物館が併設されているのですが、これがまたいかにも北タイと言う感じで、好感の持てる外観です。



残念ながら中の展示物は、個人的にはあまり興味を惹かれませんでした。
ちなみに…境内にはぽちぽちと仏陀も点在しています。


仏塔もあるでよ。


Nov./'07
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
面白さ、変さは欠片もありませんが、単純に寺として好感が持てました。
個人的には県のお奨めどころか、北タイ地方を代表する…と言いたいところですが、チェンマイをはじめほとんど行ったことないのでとりあえず★3つということにしました。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 54'42.46" N
99° 48'40.38" E


View 変スポ in a larger map

Wat Phra That Doi Gam Muang / Chiang Rai

ここワットプラタートゴイガムムアン(วัดพระธาตุดอยงำเมือง)は、チェンライ市街の西北の小高い山の上にあります。
とは言っても、街からすぐ側で、ちょっと歩くともうワットプラケオがある…そんな位置にあります。
特に門とかは無く、急にこの階段が表れる。
どうもこの階段の下がそのまま門の代わり??のようにみえる。



階段を登るのは大変なので、当然バイクでそのまま山登りをします。
ここの山頂は、先のワットドイプラバートよりもさらに狭く、本堂と仏塔以外は殆ど何もありません。



本堂も、何故か入り口にバリケードがあり、中に入れないようになっていました。
その横には、すこし古そうな仏塔(でもすごく小さい)があり、その周りをタイ人観光客らしき1組が取り囲んでました。
とりあえずこの仏塔は古いもののようですね。



でも、参拝客もお坊さんも見当たりませんでした…まあ、本堂に入れてもらえないんじゃ仕方ないですが

Nov./'07
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
まあ、見るところない、本堂に入れない等々を考慮すると、行く価値無いでしょう。
もしあなたの計画で、どうしても余ってしまう時間が生じてどうしようも無かった時にはお好きにしてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
19° 54'42.92" N
99° 49'30.83" E


View 変スポ in a larger map