実際に行った時期と、記事のUP時期に、2年近く差がついてしまっています。
なので、12月は挽回強化月間?ということで、極力たくさんUPしていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.3.10

National Science Centre For Education / Bangkok

というわけで、チャンタブリデイトリップを終了、バンコクのエカマイバスターミナルに戻ってきたんですけど、まだ2時半ごろ…
せっかくなんで、なかなか行くチャンスのなかった、科学館(ศูนย์วิทยาศาสตร์เพื่อการศึกษาแห่งชาติ)に行くことにしました。
入り口はこんな感じ。
この中に、科学館、水族館、プラネタリウム、競技場、あと良く分からない物があるみたいです。
早速入ってみましょう。


ああ、これが水族館のようです。
やはり小ぶりですね。


中はこんな感じで、結構しっかり作ってあります。
暗いんで写真撮る立場としてはつらいですけど、雰囲気は良いのではないでしょうか。
意外に結構客入っています。


真ん中には、こんな感じに無意味な?水場も設置されています。
でも、雰囲気作りに一役買っています。
その分狭くなっている気もしますけど…


で、肝心の水槽ですけど、川魚も海水魚も平等にいます。
おそらくタイに生息する魚たちかとは思いますが、詳細は不明です。


へ~こんなのもいるんだ…
見たことないや。


こっちはお約束の高級魚、シャムタイガーですね。
ただでくれないかな~転売するのに。
(さすがに飼うには大きくなりすぎます)


お次は科学館の方。
こっちはなんか寂れた雰囲気です。
やはり、地元名古屋市科学館と比べちゃうからでしょうか…


こちらには床にバンコクの衛星写真が床にパネルになって飾ってあります。


この辺が、アソーク~クロントーイ交差点周辺ですね。
インターネットで見るのと違い、なかなか楽しかったりします。


こちらは鉄道模型のジオラマのようです。
が、ボタンを押してもうんともすんとも言いません。


上の階には、何故かトラック(もどき)があります。
さすがに走る気しませんけど…


こっちは、プールです。
もちろん入ること出来ないのは、横のイスのサイズを見てもらえば分かると思います。
なんかの説明用みたいですけど、後ろの絵だけじゃダメだったんでしょうかね~


こっちは時計の歴史のコーナーのようですね。
なかなか年代ものっぽい時計が無造作(とはいってもガラスケースに入ってますけど)に陳列されています。


こっちは時計の歴史…のようですが、何故かみんなSEIKOの時計…
これ以外にもムーヴメントの説明とかありましたけど、絵ですらわざわざSEIKOの文字が入っているあたり、有力スポンサーだったんでしょうかね?
それとも賄賂?


こっちの奥は…なんか、原人のコーナー?だったみたいですが、どうも現在改修中のようですね。
ってことで、科学館を後に…
プラネタリウムは時間がないんでパス、競技場は関係ないからパスし、残るもうひとつの謎のビルに移動です。


警備員のおっちゃん曰く「最上階からだんだん降りて来るんだよ」ってことなので、とりあえず最上階へ。
う~ん、いい景色ですね。
さっきいた所がばっちり見えます。
ということで、ここからはダイジェストになります。
(飽きてきたから、気になったところだけ)


ここは環境と科学技術のブースでしょうか…
なんか、これらの技術の利益とリスクを考えてください見たいな事が書いてありますが、とりあえずバービーちゃんがシュールです。


こっちもシュール系ですが、”クローンは必要ですか?”だそうです。


ここは昆虫エリアのようです。
見たまんまですね。


内部はこんな感じに、謎の巨大昆虫がゴロゴロ?しています。


でも、一部キモイ生きた昆虫もいるよ。
(写真は一番マシなナナフシ)


さて、お次はダイナソーエリア。
つまり恐竜エリアですね。


昨年カラシンの恐竜博物館に行った身としては、こんな犬ぐらいのサイズの模型でガックリです。
さすがに普通のビルの中に後付けで作った恐竜館なんで、仕方ないんでしょうね…


と思ってたら、奥に進むにつれまともなサイズの模型も出てきましたよ。
これなんか、高さ(垂直方向のみ)だけでも私より大きいです。


こっちも、さすがに原寸とは行かないようですが、奥の肉食獣は3m近くあるでしょうか…
狭い中で検討していますね。


無造作においてあるこの骨、本物でしょうか…
良く見るとナンバリングされていますけど…


これは発掘の様子らしいです。
ということで、意外にダイナソーエリアに大満足しつつ終了のようです。


建物の周りも、実はまだ博物館の一環のようで、こんな感じで化石木とか…


ラテライトとか、天然の石とかがいろいろと並べられています。
ラテライト??


壁にはしっかりと、説明書きと、クメール遺跡の写真がついていました。
なんてタイミング良いでしょうね。
さっき見たばかりですよ。


Feb./'10
評価
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
寸評
お世辞にも”是非行ってください”といえるぐらいすごい場所ではないですけど、安いしいろいろありますし、お子様連れのいい時間つぶしになるのではないでしょうか?
こういうところは”すごい物”を求めちゃいけないってことを改めて感じました。
なんせ学生のための教育用らしいですしね。
(英語に学生の単語ないですけど、タイ語にはしっかり入っていました)

Google earth 座標(分かるやつだけね)
13° 43'13.54" N
100°34'56.79" E


View 変スポ in a larger map

22.3.10

Wat Sak Yai / Chantaburi

さて、最後の…というか、今回のツアーの真の目的地、ワットサークヤイ(วัดซากใหญ่)に行くとしますか。
このお寺、さっきのクメール群から、南に10km程度下ったあたりにあります。
ああ、入り口はここのようですね。
横のかんばんの下にも、”BuddhaPark”と書かれています(読めますよね?)。
おら、わくわくしてきたぞ!


こんな感じで、門を潜り抜ける前から見えてきましたよ。


何かの軍隊の行進でしょうか…
おそらくこのお寺、出来てからそれほど経っていないんでしょう…
塗装も真新しいです。
ちょっと体のバランスが悪いのは御愛嬌。


その後ろには、こんな風に仏陀が一般ピープルにお説教している場面が2つ続けて並んでいます。
というか、どうも土台は僧房になっているようです。
いや、僧房の上に作ったというのが正しいのでしょうか…


奥の方にもどんどん続いているようですね。


ああ、何か見えてきましたよ。


ということで、涅槃像さまです。
こんなんでも30m近くあります。


その奥には、おそらくこのお寺最大の山場?であろう、サウザンドプリースト(そんな名前ついてませんけど)の群れ。
仏陀を中心に、GoogleMapから推測すると40m四方の広大な場所にぎっしりとお坊さんたちが並んでいます。


この写真をみると、お坊さんと仏陀と同じぐらいに見えます?が…


実際は仏陀結構大きかったりします。
(わかんないかな?)


しかし、このお坊さんたちの表情も個性がありますね~


となりには、ナーガを背負ったタイプも鎮座しています。
さっきのより、こっちの方が多少大きいでしょうか…


その周りには、象やら…


兵隊の列(というには3人しかいないけど)やら…


ヤックやら…
(ってこんなんでも何mもあるんですよ~)
いっぱいあります。


本堂近くの木陰には、こんな感じでぽつぽつと仏教の説話に出てきそうな場面が再現されています。


ちょっと間延びした御尊顔をなさっていますが、弥勒様なんでしょうね。


本堂は閉まっているので、さらに境内の奥に進みましょう。
奥は更なる天国ゾーンになっているようで、あっちを向いても、こっちを向いてもこんなようなコンクリ像ばかりです。


こうやって眺めても、イヤでも目につきますね。
しかも半分ぐらいはこんな感じに土台があって、やっぱりその土台は僧房になっているっぽいです。


こんな感じに僧房タイプでないのもありますけど。

剥けてる!!


なんだかんだいって、タイ人参拝客?も結構来ています。
日本人はさすがに…ですが、おそらく近くのリゾートからであろう、白人の団体様(5、6人ですけど)もいました。


…どこまで行っても、同じ景色、同じ場面ばっかりで、ちょっと飽きてきましたね。


ほら、ほとんどは仏陀を取り囲んでお祈りしているところばかり…


あ、これは天上天下の場面ですね。


この木イミテーション??
少なくとも手前の葉っぱは…
意外に溶け込んで分かりにくいですね。
うまく作ってあるものですね。


Feb./'10
評価
★★★☆☆:その県に行ったらぜひ!県を代表するスポットです。
寸評
天国ばかりで途中飽きてきてしまうのが玉に瑕ですが、間違いなく東部地方で指折りのお寺でしょう。
規模もなかなかですし、涅槃仏やお坊さんの団体さんなど、他の見所も結構あります。
これで地獄があれば完璧?だったんですけどね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)
12° 30'36.96" N
102°09'56.77" E


View 変スポ in a larger map