今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

11.9.12

Wat Chang / Ayutthaya

日付は変わって、早朝…
観光客は誰も寄り付かないような、辺鄙なところ…
広い草むらの奥のほうに、ポツンと仏塔が建っています。



こんなでも、一応整備はされているようですね。



名前は、ワットチャーン(วัดช้าง)と言うようです。
まさか…



象がいるから…
ということはないと思いますが…
なんでこんなところに象がうろうろしているんでしょうね?
のんびりと朝食…草食べてます。



ここが、遺跡部のようです。
よくある、ウィハーン→仏塔という構成になっています。



こちらが、ウィハーンに鎮座している、御本尊様です。
頭部も残っているのは、ラオス軍の破壊を免れたのか、それともただ単に修復されただけなのか…
まあ、ともかく、こういうひっそりとした遺跡は気持ちいいので、どっちでもマイペンライです。



で、奥はちょっと離れて仏塔があります。
結界石が1枚なんで、たいした格式のお寺ではなかったってことですかね?



仏塔はこんな感じ。
まあ、取り立てて大きくもないですし、凄そうなところもありませんし…
こんなもんですね。



それにしても、象と遺跡の組み合わせは、なかなか面白いですね。
しかも象さん寺を背景にということで…
でも、ビビリなんで、あまり近くまで寄って写真撮れませんでした…orz



ところで、近くの池では、こんな感じで、象使い達が象さんに水浴びをさせています…
なんで、こんなに象ばかりいるんでしょうね?
(次のスポットで理由が分かりますけど)



Jan./'11
評価
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
寸評
個人的には、こういうマイナー遺跡好きなんで、★ぐらい上げても良いんですけど、とても他の人にはお勧めできませんね。
遺跡自体もショボ目なんで、ワザワザここだけの為に見に来る理由は思いつきません。
(無償で象さんと戯れたい人にはいいかもしれませんが…暴れられても、保障しかねます)
ただ、次や、その次のスポットに行く”ついで”になら寄ってもいいかもしれませんね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14° 21'40.93" N
100°35'43.07" E


より大きな地図で 変スポ を表示

0 件のコメント: