今週半ばに、日本に一時帰国します。
来週中旬に戻ってくる予定ですが、今週水曜日の更新を最後に、1週間ほど更新しませんので、ご了承願います。
ツイッターはやってる予定。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

24.9.12

Wat Maheyong / Ayutthaya

アユタヤ水上マーケットの裏手、ワットチャーンの手前に、もうひとつひっそりと遺跡があります。
(実際は、2つ前の象さん寺が見える前に、目に飛び込むんですけどね)
さすがにこの辺りは、象さん遊牧?エリアなのか、客相手には使っていなさそうな、象乗り場もしっかりと完備されています。



ここの遺跡は、ワットマヘーヨン(วัดมเหยงคณ์…最後の"N"はともかく、"Kh"も発音しないのかな?)というようです。
しかし、看板があるって言うのに、この付近の、壁の間にある入り口は、ことごとく封鎖されています。
入り口どこ?



ということで、ぐるっと回って…
東側まで周って、ようやく入り口発見。
こんなところ、観光客こないだろう…
と、思うんですけど、入り口右下のプレートには、タイ人10B、外人50Bの差別的な料金表示が…
受付の人の人件費の方が高いんじゃない?



と、思ったんですけど、受付には人の姿が見当たりません…
いえ、もちろん探しましたよ!(汗)
さすがにまだ8時ってことで、まだ準備が出来ていないってことでしょうかね?
(でも入り口開いてましたけど)
まあ、仕方ないので、不可抗力ってことで、失礼しましょう。



ということで、中心に行くまでの通路はこんな感じです。
さすがに外人からボッタくろうとするだけあって、結構規模もでかいみたいですし、ある程度整備もされているようです。



通路の先のあれが、メインのウィハーンでしょうかね。
修復の賜物だとは思いますが、結構壁や柱が残っていますね。



斜めからのビューです。
正面真ん中の壁がへこんでいて、端の方の壁は比較的残っているのは、構造上、屋根の頭頂部の荷重の掛かり方に無理があったんでしょうか…
(でも、アユタヤ時代の建物は、基本屋根は石ではなく木やその他植物だったとも聞きますが、そうならなおさら設計上の問題があったんでしょうかね?)



入り口部から、内部を覗いてみました。
こんな感じで、内部はアユタヤ遺跡の中でも、結構まともに柱や壁が残っている気がします。
(と言うか、逆に有名どころの王宮や、シーサンペット、マハタートなどのウィハーンが逝っちゃいすぎな気もしますけど)



こんな感じで、屋根がないこと以外は、結構まともに残っている感があります。
まあ、半分は、明らかに敷き直した、テカテカの床のせいだと思いますが…



こちらが、御本尊様だった物のようです。
ご他聞にもれず、ビルマ軍がきっちりと偶像を破壊して行ったようです。
アユタヤ島の中心からは、それなりに離れているんですが…
マメですよね~



と言うことで、奥に進みましょう。
これは、ご存知結界石です。
葉っぱが2枚と言うことは、超重要な1級寺院でもなく、かといって、そこらに多数ある、一般向けの3級寺院でもなく、という中途半端な重要度のようです。



あ、あれがメインの仏塔みたいです。
さっきの象さん寺は、寺の名前と、周りをうろついている本物の象さん以外は、象っぽさ0%だったんですけど、こちらは土台部分にしっかりと象さんが残っています。



と思ったんですけど、近くに寄ってみると、なんだか分かりませんね。
やはりビルマ軍にやられてしまったのか、それとも自重で崩壊したのか…
特に鼻先とか。



で、中心の仏塔です。
さすがに、先端はなくなっていますが、比較的原型を保っているような気がします。
もちろん表面の装飾はほぼなくなっていますけど。



仏塔の周りには、あまり面影は残っていませんが、ぐるっと仏陀が取り囲んでいたようですね。
黄色い袈裟が掛かっているので、それと理解できますが、これがなかったら、気づかないかもしれません。



こちらは、崩れた仏塔の一部でしょうか…
もしかして、中央仏塔の先端??



ということで、最後に、象さんチェディの全景を、南側から。
(実はこれ、入り口を探している途中、南側の塀の外から撮った写真なんですけどね)



Jan./'11
評価
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
寸評
ぶっちゃけ、めちゃくちゃマイナースポット(地球のXXXや、ロンリー△▲には紹介されていないor地図に名前のみ載っている)の割には、結構マシな出来栄えだと思います。
これでタダなら言うことないんですけど…
まあ、世界遺産として、この状態を維持するためには、それも致し方ないのかもしれません。
(でも、それならタイ人も同額徴収して欲しいところですけど)
ともかく、ツアーで周るスポットは論外として、アユタヤ島内は一通り周ったぜ!他はないのか?と言う状況に陥っている方には、お勧めできると思います。
後ほど紹介しますが、傍(歩いていけそうな範囲)には他にもプチ遺跡が点在しているので、一まとめで見学するのもいいかも。
ただ、駅からちょっと遠いんですよね~
町歩きを得意としていて、何時間も歩くことが苦にならない人は、歩いて周るのも楽しいかもしれませんが(無茶なほど遠いわけでもないんで)、そうでない人は、素直にトゥクトゥクかモトサイをチャーターするか、レンタサイクル/バイクをゲットして周ることをお勧めします。
がんばってソンテオを乗り継いで…はちょっと無理かと思います。
ただ、私は知りませんが、もしかしたら、水上マーケットと駅?を往復するソレがあるかもしれませんが…自己責任でね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

14° 21'49.21" N
100°35'39.73" E 


より大きな地図で 変スポ を表示

2 件のコメント:

コメント一号 さんのコメント...

なぜか、写真が見えないです。
ここは多分、あそこかな?
 因みに私も、もうすぐ帰国です。
 何とか生きて帰れた、、、かな?

マレーンポー さんのコメント...

コメント一号様
え?写真見えませんか?私のパソコン+Google Chromeの組み合わせでは普通に写っていますが…
何か違うんでしょうかね?
場所は…まあ、ある程度の地図には載っているような遺跡なんで、コメント一号様のご想像通りかと予想します。
ああ、そういえばそろそろフリーの身になられるんでしたね。
あと1ヶ月…
と考えてしまうと、アレもコレも、どこも行き足りないような気になってしまうので、そういうことはあまり考えずに楽しんでくださいね。