マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.12.14

Wat Chana Songkhram / Sukhothai

3か所目は、ワットマハタートの北側にある、結構見事が仏塔が特徴の遺跡です。


名前はワットチャナソンクラーム(วัดชนะสงคราม)というようですね。


これはウィハーンの方…東側から見たところです。
右奥の方にチラ見えしている仏塔は、Wat Sra Sriです。


ウィハーン部はだいぶ修復されているようですが、柱と床しか残っていませんね。
ちなみに、風景が赤っぽいのは、夕焼けではなく、朝焼けです。
早朝に遺跡公園内に出向いたわけですね。


仏塔のアップ…
まあ、スコータイや、アユタヤでは掃いて捨てるほど?ある釣鐘型のチェディなんで、皆さんも見飽きましたよね?


で、その左奥…南西側には、これまたウィハーンの跡があるようです。


ん?バイセーマー(結界石)があるんで、本堂でしょうか?
綺麗に整備されているのに、人っ子一人いない…
なんとも不自然な光景ですが、朝早いからでしょうかね?
それとも、遺跡公園内では、マイナーな遺跡だからでしょうか…
まあ、両方でしょうね。


ということで、本堂はこんな感じ。
まあ、御本尊が鎮座する台座とかも残っていますが、これらは修復された跡なんでしょうね。


本堂の上は…
意外に雑草生えていますね。
やはりマイナーな遺跡までは手が行き届かないんですね。


Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
規模はそれなりで、見栄えも良く、遺跡公園入り口近くで、立地も良いのですが…
やはりそばにあるワットマハタートがすごいので、その他大勢扱いされちゃうんでしょうね。
ガーンペーンペットとかにあれば、中心的存在になれそうなんですが…
そんな、不運な遺跡です。
Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°01'07.14" N
 99°42'13.54" E

25.12.14

King Palace (Noen Prasat) / Sukhothai

ということで、今までスコータイ遺跡で取りこぼししていたところを、少しだけつまみ食い…
さっきのクメールが1つ目なんで、2つ目となるここは王宮(เนินปราสาท)だそうです。
場所もあのマハタートの正面というのに、全くと言っていいほど知られていませんよね。


というkとで、ここがパレスなんでしょうか…
かなり広い土台が広がっています。


上部は、こんな感じでだだっ広い空間が広がっています。
見ての通り、何にもなく、芝生?だけで占められています。


あ、柱の跡?がありました。
これしかないんで、この上に人形が置かれています。


ということで、あまりに何もないので、奥の方を見ると、他にも遺跡が残っているようです。


これはなんでしょうね…
ちょっと変わった形の柱してますね。
さすがに修復されたものか思いますが…


内部はこんな感じです。
テラスのような感じですね。


Jan./'13
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
スコータイ遺跡の一等地にありながら、有名でないのもうなづけますね。
パックツアーでワットマハタートに行ったけど、ちょっと早く見終わっちゃったときなんかに避難するのにぐらいは使えるかも…
ワットマハタートは日陰とかほとんどないですしね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°01'10.75" N
 99°42'19.94" E

5.12.14

San Ta Pha Daeng / Sukhothai

スコータイ遺跡北側に、ぽつんと立ちこのお堂。
なんでもスコータイ遺跡内部唯一のクメール遺跡とのことでやってまいりました。



名前はサーンターパーデーン(ศาลตาผาแดง)と言います。
今までスコータイに何回も来ているのに今さら…
なんですが、それ程他に行くべき素晴らしい遺跡が多いってことでしょうかね。



ということで、これが遺跡全景です。
まあ、見ての通りのかなり小規模の遺跡です。
もともと小さいのか、それとも他の大部分は残っていないのか…
まあ、両方なんでしょうね。



ということで、祠堂入口です。
反対側が見えているのは、奥の壁が無くなっているってことですかね。



内部はこんな感じです。
こうやって見ると、奥に反対側の景色が見えるのも、ありかな?って思えてきます。



天井はせり出し工法で作られています。



でも、祠堂の部分は思い切り崩れて、無くなってしまっています。

 

Jan./'13
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
クメール遺跡っていうネームバリュー以外は、ぶっちゃけ大したことありません。
規模も小さいですし…
北部タイでは珍しいので、ちょっと詳しく書かれたガイドブックには載っていたりしますが、これがイーサンにあったら、おそらく掲載されないのであろう…
そんな程度の遺跡です。
スコータイに来て、且つ、時間が余ったらちょっと寄ってみるぐらいでしょうね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 17°01'17.00" N
 99°42'11.97" E