マイマップの仕様が変わり、それぞれの記事に地図を貼る方法が分からないまま2年…
ようやく、貼り付け方わかりましたので、過去にさかのぼって、地図貼り直しました。
これで、少しは場所が分かりやすくなりましたかね?

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

20.2.17

Wat Khlongtoey Nok / Bangkok

今日は路線バスを使って移動です。
目的地は、バンコクの海?の玄関口、クローントーイ港。
距離は近いんですが、アソーク界隈からですと、直通バスが無いので、乗継が必要…
不便ですね。



ということで、クローントーイ港に到着。



で、そのすぐ横にあるお寺が、このワットクローントーイノーク(วัดคลองเตยนอก)です。
まあ、特にここに来る目的があったわけでは無いのですが、一応地獄絵があるらしいという事前情報があったので、寄ってみることに。



こちらが本堂です。
なんか、柱の感じがパルテノン神殿みたい?



入口部。



客もいないのに、入口大解放中。
なんともうれしい限りです。



こちらが本堂内部の様子。
金と赤基調で、壁一面には鮮やかな壁画が描かれています。
一応タイ人一組、お坊さんの説法を効いているところみたいですね。
まあ、99%地元の人だと思います。



内部には、ネーン君が待っていました。
彼、ところどころのお寺で見かけるんですが、既製品なんですかね?



ご本尊様アップ。
丁度背景にあたる壁画が、金と赤メインの部分なので、なんか見ていて、目がチカチカしてきます。



壁画ですが、壁の至る所を埋め尽くしています。



地獄みっけ。
でも、これだけしかありませんでした。



あっ、骸骨君はいましたよ。
これも既製品なんでしょうかね。



Jun./'15
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
うん…
なんというか、わずかの地獄絵と、骸骨君以外は、それなりに見事な壁画ぐらいでしょうか。
なんせ、クローントーイ港に来た目的は、ここではないんで…
ということで、クローントーイ港に来る用事があり、且つ待ち時間があって、することが無い…
という、特殊な条件をお持ちの方以外には、おすすめするほどのスポットではありません。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°42'29.70" N
100°33'48.41" E



14.2.17

Wat Pariwat / Bangkok

BRTのワットダーン駅から1つだけ次に進んだところにある、ワットプリワート駅。
そのすぐ目の前にあるのが、その名もずばり、ワットプリワート(วัดปริวาส)です。



時間(&個人的興味)の関係でスルーしちゃいましたが、すぐ横に謎のミュージアムもありますが、そこを無視して先に進んでいきます。
(でも、後で調べたら、Buddha Dharma Relics Museumという仏教の?遺物などの博物館っぽかったんで、行っておけばよかった…詳しくは英語コピペでググってください)



金ぴかプラメートラニー像を横目に進んでいくと…



ここが目的の伽藍です。
高そうな石を敷き詰めた参道が、門まで続いており、ぱっと見完成しているのですが、中に入ると…



回廊部はこんな感じで、作りかけ感いっぱいです。



こちらが回廊内です。
広い敷地に、2つのウィハーン(かな?)が並んで建っています。
もちろん、絶賛建築中の様です。



とりあえず、向かって右側のウィハーンから攻めてみましょう。
もちろん思いっきり作りかけなんですが…



なぜか、屋根の軒先に、いろいろな格好の人形が飾ってあります。



海賊たちに…



京劇役者?



お侍さんにバイキング…



グラディエーター?に、インディアン…
他にもたくさんあるんですが、とにかく多彩な姿というか、節操がないというか…



でも、中身は思いっきり作りかけでした。
つまらん。



ということで、向かって左手のウィハーンの方を見てみましょう。
こちらの方が完成間近?ということで、外壁の装飾もかなり終わっているようです。



破風部分にも…
何でしょうね?彼。



で、軒先には、やはり人形たちが飾られています。
こちらは、ちょっと羽が生えたり、触角が生えたりと、ちょっとファンタジー側に振れているようです。



キメラでしょうか。



アリ?



これはたぶん玄武…かな?



ハ…ハーピー?
なぜかおっさんですが。



で、こちらがウィハーンの入り口部分。
心なしか、装飾がかなり凝っています。



で、内部。
こちらもまだまだ完成前の様ですが、右手のウィハーンに比べれば、かなり完成に近いように見うけられます。



ご本尊様。
なんか背景がかっこいいので、ご本尊様もかっこよく見えます。



ご本尊様を下からあおってみました。
台座の装飾、かなり細かいですね。



で、壁一面には、カラフルな壁画があるのですが、見ての通り、全部立体!



微妙に地獄っぽいのもありますが、ともかくこれを作るの、かなり大変そうです。



先ほどの台座とかは、このように、陶器の破片で作られています。
基本ワットアルンとかと同じ工法ですね。



で、その装飾は、この職人さんがひとつひとつ手で、丁寧に埋め込んで作っているんですね。



伽藍内部を堪能して、入口部に戻ってきました。
でも、伽藍前方にも、まだタンブーンできるところがあるようですね。
せっかくなんで、寄ってみましょう。



ということで、とりあえずテント部分にやってきました。
予想通り、通常のタンブーンを行うところの様ですね。



お坊さんや、たまたまも、金箔貼りまくられた形跡はあるのですが、ほとんどお参りしている人いませんね。
人気ないのかな?このお寺。
で、その先には、仏塔っぽいものが見えています。



これが仏塔内部。
まあ、なんとも地味な内部ですが、真ん中のやつは仏足石の様です。



これが仏塔外観です。
まあ、サイズも小ぶりですし…


で、やっぱり終点は、河岸のお魚タンブーン場です。
お魚がわっさわさと集まってきていますが…
私は餌買っていません。
他のお客さんの功績です。



May/'15
★★☆☆☆:その県に行ったら、行く候補に入れるべき。
ぶっちゃけ左手のウィハーンがほぼすべての見どころですが、そのデザイン、立体レリーフ等の出来が素晴らしい!
(面白くはないですが)
他の部分は、見なくても問題無しです。
交通の便もいいですし、暇なときにはぜひラマ3世通り沿いを攻めてみてください。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°40'25.99" N
100°32'00.11" E



9.2.17

Wat Dan / Bangkok

BRTでさらに南下、ラマ3世通りを進んで行き、ちょうどプミポン国王橋の手前のところに、BRTのワットダーン駅があります。
そこからさらに歩くこと300mほど行ったところに、このワットダーン(วัดด่าน)があります。



いきなり境内全景を撮り忘れているのですが…
こんな広い屋根付きの場所があります。
その中にポツンと建っている建物、まあ、煙突があるんで想像はつくと思いますが…



やっぱり火葬場だったりします。



でも、他にも壁際に、こんな木造の立像もあったりします。
隣の車と比較すれば、どれぐらいの大きさかが、伝わるかと思います。



一応アップ。
みなさんポーズ違うんですね。



別の壁にも、いろいろと飾り物がしてあります。



こちらは、昔の本堂?の破風でしょうか。
かなり古そうなものが1対飾られています。



角地にはおばちゃんも鎮座しています。



さて、広い屋根付きの場所のすぐ正面には、これまたビニールシート?の屋根で覆われた区域があります。



その周りを、このように鯉の泳ぐ池が取り囲んでいます。
…すごい密度。



で、その池に囲まれた部分の中央に、仏像が安置されています。



そのまま河の方に向かって行きましょう。
途中には、こんなかわいらしい?いすや机も完備。



こちらが本堂の様です。



中は、かなりド派手な壁画で覆い尽くされており、その奥に、意外に小ぶりなご本尊が安置されています。
壁際は…
もうちょっと整理しようよ~



ということで、ご本尊のアップ。
背景は、なんかピサヌロークのワットプラシーラッタナマハタートのまねでしょうかね。
でも、ご本尊自身は…光背とか、細部のパーツはそれぞれ再現しているんですけど、全体でみるとなんか違いますね。



さらに河の方に向かって行きます。
壁には、かわいらしい?絵が描かれています。
でも、駐車場の奥側なので、あまり主張するつもりなさそうです。



これはお祭り用の山車ですかね。
片方はブタでしょうか。



こちらはドラゴン?



ということで、河沿いにたどり着きました。
目の前に見えるのがプミポン国王橋です。
河の色は相変わらず味噌汁色していますね。
この色が澄んで透明になることは、きっと永遠にないんでしょうね~



河岸には、なぜか仏足石がむき出しのまま放置されています。
あまりタンブーンもされていなさそう。
まあ、河沿いには何もないですからね。
タイ人あまり来ないんでしょう。



おまけですが、なんか大きめのコンクリ像を作成中のようですね。
何ができるのでしょうか…
楽しみです。
問題は、これが何時できるかなんですが…
5年後かな?



May/'15
★☆☆☆☆:行くか行かないかはお任せします…
正直言うと、個人的にはどうでもいいレベルのお寺でした。
木造の立像は、まあまあの大きさですし、いい感じですが…
まあ、BRT使ってお寺回りする時にはちょうどいい場所なんですが、これといった見どころはありません。
コンクリ像の出来と、他の像などの増産?次第では化けるかもしれませんがね。

P.S. そういえばBRTが4月で廃止とかいうニュースが出ていましたね…
   残念です。この辺り散策も、今の内ですかね~

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 13°40'18.22" N
100°32'26.54" E