サケオ編に入ってはや4スポット目。残るは3スポット+再訪記事のみです。
その次は、タークミャンマー編に移っていく予定です。

解説ページ / COMMEMTARY

逆引き検索 / search from map

Googleマップから直接探せます。ぱっと見た目で探すならここから。

アマタナコンの食事処 / Restaurant in Amatanakorn

アマタナコンの飯屋を検索しても、一部の有名な日本料理屋以外ほとんど引っかからないので、備忘録としてまとめてみました。
アマタナコンに来た時に参考にしてみていただければ幸いです。
&情報あれば教えてください。

27.10.15

Wat Chedi Liam(Ku Kham Luang) in Wiang Kunkam / Chiang Mai

ワットパーギオ(クルバーハンチャイ)から、住宅地を無理やり3kmほど北上したところに、所謂ウィアンクムカーム(เวียงกุมกาม)という古代遺跡群があります。
その中でも現在もお寺として機能している数少ない場所が、このワットチェディリアム(クーカムルアン)(วัดเจดีย์เหลี่ยม(กู่คำหลวง))となります。
どうもここはインフォメーションセンターに次ぐ、観光の起点なのか、馬車とかも待機していたりします。
まあ、とりあえず入ってみましょう。


とりあえず有名なのか、一番目立つのはこの仏塔です。
所謂ランプーンのWat Jam Thewi (Wat Cham Thewi)をモデルにしているらしいですが、5層の祠には大小さまざまな立像が入っています。
さすがに現役のお寺でもあるのか、頻繁に塗装もされているため、遺跡と言うイメージは全くありませんね。


一応拡大写真。
こんな感じで、小窓それぞれに仏陀が配置されています。


こちらはウィハーン。
たしかに位置関係を見ると、後ろにちゃんとさっきの仏塔を配しているんですね。


内部は赤を基調に…というか、ほぼ真っ赤なイメージです。
ただ、窓全開のため、明るく開放的ではあります。


ご本尊様です。
まあ、特筆するようなところはなさそうですね。


Apr./'13
☆☆☆☆☆:行く価値なし(私の主観です)。
一応ウィアンクムカームの中では有名な方のはずなんですが…
(実は今回2回目の訪問で、1回目はインフォメーションセンターから馬車ではなくバスみたいなのに回って、主要な遺跡のみ周ったのですが、その時にしっかり入っていたぐらいです。)
”遺跡”を期待してきて、あの真っ白に塗装された仏塔を見ると、ちょっと肩透かしを食らいますよね。
一応この遺跡群の中では一番大きい仏塔だと思いますが、ちょっと残念ですね。

Google earth 座標(分かるやつだけね)

 18°45'15.47" N
 98°59'44.31" E


0 件のコメント: